宗教に対しては理解しておこう

日本は様々な考え方を受け入れる体制が整っているので、宗教は自由です。入らなくても良いですし、信者として活動しても構いません。人それぞれが考える方向で活動してもらう分には一向に構わないのです。実はこの文化や風習は他の国ではかなり驚かれることです。他の国では何かしらの宗教に入っている人のほうが多いですし、その文化が日常生活に関係していることもあります。

 

留学の事前準備として宗教に対する考え方を学んでおきましょう。日本を一歩外に出て、海外の大地に降り立った瞬間、海外の文化に適応していかなければいけません。日本では宗教は自由でも、海外ではその概念が通用しないことが多々あります。アメリカで一般的にクリスチャンでありますので、生活のベースがそれに沿ったものである場合が多いです。その一部をちょっと見ていきます。

 

食事をするときも祈りを捧げますし、週1回はミサに行きます。それが当たり前になっていることをしっかりと事前に理解してあげることが大切です。キリスト教以外ですと、ユダヤ教やイスラム教などが有名ですね。これらが混在している地域もありますので、自分が行く国がどんな宗教を信仰しているのかを知り、偏見を持たないように事前準備をしておくことが大切です。

 

国が違えば全てが変わります。同じ人間でも生きていく環境でここまで変わってくるものか、と衝撃を受けるかもしれません。不思議な気分になることもあるでしょうが、海外留学をする場合には宗教について理解をしておく準備をしましょう。


このページの先頭へ戻る