計画を立てて準備をしよう

留学をすることで人生経験が豊富になり、自分とは違う文化、コミュニティーの中でどのような生活をしているのかを実体験として知ることは、かけがえのない財産になることがあります。その留学をするのに欠かすことができないのが、言語です。

 

しかし、言語の壁以上に大切なのが、事前の準備だと言われています。実際に留学をした人でなければ分からない事前準備の大切さについて紹介していきます。

 

 

事前準備として一番大切なのが「目的」です。何のために自分は留学に行くのか、事前に心の中へ呼びかけるようにします。そうすることで普段とは違うことを感じるようになれますし、「本当に行くべきだ!」という強い意志を持つことができるでしょう。実際に、日本にいても体験できることを、わざわざ現地に行って感じたいと思っている人が多いのですが、途中で挫折してしまうみたいです。

 

というのも、最初は「行きたい!」という気持ちが強いですが、いざ行くと日本が恋しくなり、なれない環境に精神的に負担になりモチベーションが下がるなど数え上げればキリがありません。

 

言葉を覚える以前に、自分の心の準備ができていないことには何も変わらないのです。しっかりと事前計画を立てて準備をし、行動するようにしましょう。その勉強は本当に海外でしか体験できないものなのでしょうか?海外に対する憧れや好奇心といったイメージだけで行こうとしていませんか?

 

一度海外に行くと中々後戻りはできません。行く前にしっかりと心の準備という計画を立てておきましょう。


このページの先頭へ戻る