留学前にやっておきたい事:運転免許証の手続き

「海外で運転するのはなんとなく怖い、だから運転免許証はどうせ使わないし要らないよね?」そんな風に考えている人も多いのではないでしょうか?特に留学を目的に海外に移住を考えている人は日本の学生生活と同じ感覚で運転免許証の必要性をあまり重要視していない人も多いかと思います。

 

 

 

けれど海外での生活だからこそ、また留学生だからこそ必要になる場合が多いです。日本と違い、公共の交通機関が必ずしも安全で便利とは限りません。国や場所に寄っては公共の交通機関を使うなんてわざわざ危険に身をさらしているようなものだ、と言われる場合もあります。車での生活が一番安全で便利と言われればそれまでは躊躇していても最終的には大半の留学生はレンタカーを利用したり、車を購入して、気がつけば車がなくてはならない道具になります。

 

 

 

 

 

ただ、渡航する前に一体何をどうしていいかわからないと言う人がほとんどかと思います。けれど心配は要りません日本の運転免許証があればとりあえず海外で運転することができます。渡航前に日本の免許センターで「国際運転免許証」を発行してもらいましょう。(有料です)ただあくまでも一時的な利用のためなので現地に言ったらすぐに現地で運転免許証を取得をしなくてはいけません。

 

 

 

それがあることによって現地到着後にすぐにレンタカーを借りることも可能な場合が多いです。留学前は何かとバタバタしてしまい、大切なことほど忘れがちですがこの手続きは運転をする予定の人も全く無い人も必ずやっておいた方が良い準備の一つです。

 

 


このページの先頭へ戻る