これだけは押さえて起きたい留学に必要な準備:留学費用編

留学をしたいと思ったら真っ先に準備が必要なのが費用面です。

 

そこで今回は語学学校に3ヶ月滞在した場合の国別費用の予測予算を紹介します。

 

 

 

アメリカの場合、場所にも寄るのですが授業料と滞在費を合わせて約80万程。
大学進学のためのサービスを行っている語学学校も多いのでより上のレベルを目指す人にぴったりです。

 

カナダの場合、授業料と滞在費を合わせて約70万程。
語学+スキーやスノーボードなどカナダらしいセットコースも多彩で人気です。

 

 

 

イギリスの場合、授業料と滞在費を合わせて約90万程。
伝統のある学校が多く、気軽に語学留学ができる環境が整っています。

 

オーストラリアの場合、授業料と滞在費を合わせて約80万程。
ワーキングホリデー先として人気の高い国なので、ワーホリついでにという人にお勧めです。

 

 

 

ニュージーランドの場合、授業料と滞在費を合わせて約70万程。
こちらもオーストラリアと同じく、ワーキングホリデーで+αとして人気です。

 

フィリピンの場合、授業料と滞在費を合わせて約40万程。
英語が公用語で滞在費が格安と最近人気のフィリピン。滞在中のお買い物代も格安です。

 

 

 

フィジーの場合、授業料と滞在費を合わせて約50万程。
リゾートも楽しめる留学先として最近人気です。

 

 

 

いかがでしたか?
国ごとに値段も違いますが特徴も様々。行き先によって費用の準備も大分変わるのでどういった勉強方法がしたいのかやどういった生活をしたいのかを考えて選んでみてくださいね。


このページの先頭へ戻る