留学先によっては、日本人がほとんどおらず、同級生に関しては日本人が自分1人という状況も珍しくありません。そのような場合では、自分の能力や行動、考え方を同級生は日本人全般のことだと捉えがちです。日本代表として学校なりコースに参加している状態と言っても過言ではないのです。

 

 

 

特に勤勉さや時間厳守、礼儀正しさは当然のこととして期待されます。もし期待はずれとなれば、駄目な日本人なのではないかと見下されかねないので、言動には注意が必要です。また、お金を持っていて、金払いが良いというのも皆が持っているイメージです。

 

 

 

これは実際には違う場合もありますが、少なくとも同級生の多くは期待していることを自覚しましょう。ただし、留学している人の多くは、先進国の出身者か発展途上国の出身者である場合は、かなりのエリートである場合が多いので、それほど奢ってくれという要求はありません。問題は、現地の学生です。

 

オンラインの英会話は口コミがいいです。

 

現地の学生からすれば、飛行機に乗って外国へ来ているだけでもお金持ちしかできないと思っています。だから当然、一緒に食事をすれば奢ってもらえるだろうと期待する人も多いのです。また、漫画や映画、文化に対する質問もよくされます。

 

 

 

きちんと紹介できるように有名な漫画などは読んでおいた方がいいです。本場の人だから詳しいはずと思って話しかけてくる同級生は多く、その期待に答えられれば尊敬され、期待に答えられなければ失望させてしまうので注意が必要です。

 

 


このページの先頭へ戻る