奨学金を調べよう

アメリカ大学留学にはそれなりにお金が掛かります。というより、アメリカの名が通った私立大学では結構授業料が高く、得にその傾向は東海岸と西海岸で顕著です。

 

この両海岸部や大都市部での学生生活は、学費の他に生活費も高くつくことを押さえておく必要があります。州立大学ではその州に住人である場合は学費が安くなりますが、留学生には当然ながら適応されません。基本的に留学生は日本国内のようにバイトで稼ぐというわけにはいきません。

 

入国ビザが学生ビザで労働ビザではないからです。キャンパス内のある種のアルバイトは可能ですが、バイト料は期待出来るような額ではないことが多く、また日本よりも貧しい国からの留学生が優先されることもあるため、あまり当てにしないほうが良いかもしれません。そもそもどんな大学も、入学条件にファイナンシャル面で問題がないことを証明する書類提出があります。

 

アメリカ人の学生も親がフルで学費を出すことが多くはないので、学生は奨学金獲得のために必至になります。奨学金をたいて2,3掛け持ちしている学生が大勢います。日本もバブル以降は経済が衰退しているため、親を頼れないまたは親に迷惑を掛けたくないという留学生が増えてきました。

 

奨学金の種類は多くあるので、入学先の学校の事務を通して調べる事も出来ます。今やネットがあるので、自力でももちろん調べられます。奨学金によっては生活費の一部や勉強のための書籍購入費としての現金支給を行っているものもあります。在学中、ある程度の成績を維持することが前提となっていますから、勉強はしっかりやりましょう。

 

異文化交流のススメ

アメリカ留学で得ることが出来る最も重要なことの一つは文化の違いを体験することです。生活の欧米化や情報網の発達で、なんとなく知ったつもりでいるアメリカ文化ですが、実際その文化圏で暮らしていると周辺の人の反応からいかに自分が日本人であるかを思い知らされることが山ほどあります。

 

世界は狭くなったといいつつも、なかなか異文化を理解し尊敬することは実際難しいものです。へ〜なるほど、程度ですむものならよいのですが、その文化圏でうっかり間違った行動を取ると痛い経験をすることになります。

 

「郷に入りては郷に従え」という言葉とおり、ある程度留学先の国の文化、特に文化的なタブーを前もって知っておくことは快適に生活する上で重要です。日本人がクセでやってしまうタブーの第一が、食事時の「すする」という行為です。

 

コーヒーを飲むとき、スープを飲むとき、ズズーっと音をたてていませんか?啜り食いのクセがあると、何かを口に運ぶたびに息を吸い込み、なんらかの音がします。普段やっているとなかなか気づきにくいのですが、欧米でこれをすると間違いなくアウトです。

 

留学中のホームステイ先、学校のカフェテリア、飲食店、とどこでも不快に思われます。食事のマナーに関する文化の違いは、どんなに相互理解が深まっても、そう簡単に受け入れられるものではありません。生理的感情と直結しているからです。音をたてて食事したおかげで、人間性とは別のところで評価がガタ落ちになります。もっとストレートに軽蔑の対象にもなり得る危険性さえあります。異文化交流をもっと建設的でポジティブな体験にするためにも、啜りグセはくれぐれも留学前に直しておきましょう。
子ども専用オンライン英会話、スカイプ英会話、ネット英会話はキッズスター★イ ングリッシュ!無料体験レッスンも実施中!

更新履歴


このページの先頭へ戻る